So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Wingmakers と言う存在 [引き寄せる事]

只今Project tsworkingでは、Just Giving Japan経由で被災地支援を行っています。
今回は、医療を優先させるため『メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(世界の医療団 )』へ
ご厚意をお届けします。
チャレンジは一日一万歩必達!!
この一万歩必達の理由は、歩く事が健康体力作りの基礎だからです!!
チャレンジの詳細はブログパーツをクリック!!
ご協力よろしくお願い申し上げます。

今晩は

皆様はWingmakersと言う存在を耳にされたことはありますでしょうか?
大筋で言えば私達の750年後の存在、いわば子孫達とも言える方々なのですが、
タイムトラベラーであり、もっと言えば古代に天使や神と言われた存在達らしいのです。
この辺はvoiceから出版された3冊の本特に1巻目がわかりやすいので、読んで頂くのが
一番ではありますが。
110511_225906.jpg
ウイングメーカー
ウイングメーカーII―現代の神話、エンシェント・アロー・プロジェクト
ウイングメーカーIII―加速される自己変容

1巻目は2005年に出版されており、実際は2000年初頭に原文がwebで発表されていた
様ですが、電子マネー等現在当たり前になっている電子デバイス等を予言していましたし
その背景にある闇の存在等にも触れられています。
voiceからは3冊出版後、e-マガジンへ移行しました。
e-マガジン以降は難解になってしまったので、なかなかゆっくりと触れてはいなかった
のですが、震災の後到着した新作のメールマガジンの内容が改めて感じる物があり、
是非皆様にもご一読頂きたい、そう感じたので今回紹介させて頂きました。

実は日本におけるWingmakersの版権自体はvoice社が所有しているらしいのですが、
翻訳・日本版公式サイトは東北の某都市にお住まいのshima様が対応されています。
そしてそのshima様自身被災されたと言う事でどれだけ大変な思いをされたのか・・
この事を公式サイトで確認した際はビックリするより他ありませんでした。
そして、4/22に新しいe-マガジンをアップしたとメールが届いた時は、驚きと安堵を感じ、
そして新しいe-マガジンを早速一読しました。
今回はshima様の私見でしかないとされていますが、Wingmakersの哲学を改めて学ばせて
頂きました。本当に久々にわかりやすい、疲れていても読める文章でした。
原子力に関する事も指摘されています。本当に被災したからこそ言える思いであり
Wingmakersを理解されているからこそ、今回の一件を踏まえて提言できた事ではないかと
感じた次第です。

とは言え、勝手に取り上げるのもいかがな物かと思い事前に掲示板でご相談申し上げた
所快諾頂きました。

ぜひ、最新版のe-マガジンお目通し下さいね。
http://wingmakers.jimdo.com/
日本版公式サイトはこちらです。
http://www.h4.dion.ne.jp/~doufaufa/wingmakers/space.htm

見方は色々です。ただ、身体ですとんと落ちるのであればその人にとって真実だと
私は思っています。
nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0